リフォーム会社を決める

先日の記事で、リフォーム会社とひとくちにいっても会社があること。目的によって会社を選ぶことが大切だというお話を取り上げました。そうすると、なんとなく選ぶ会社の方向性が決まってくると思います。間取りから変えるようなリノベーションになる場合は、もはやリフォーム専門会社に頼むよりも、新築も手掛けている会社にした方が間取りの提案には長けているわけです。となったときに、では新築もやっている会社から選ぼうと思うと、これまたいろんな会社があるのでこれまた選びようがなく、しぼりこむのが難しくなってくるわけです。じゃあどうやって決めたらいいのでしょうか。その正解は「建築現場を見に行ってきめること」です。新築でもリフォームでもかまいません。とにかく、完成する前の家を見に行ってみましょう。外観や内装デザイン、チラシで見られるような見た目はどの会社も一緒に見えます。しかし、壁の中にどんなものが使われているかは会社によってまるで違います。断熱材はどんなものを使っているのか。仕事は丁寧か。施工の精度は。職人の技術は。見た目が同じに見えて値段が全然違うというのは、多くの場合壁の中に秘密があります。ぜひ自分の目で確かめてみましょう。岐阜の不動産屋で土地を探して家づくり